ペットを自宅で供養したいなら「移動式火葬」がおすすめ

自宅で家族と一緒に見送るペット葬儀サービス

ペットを自宅で見送る~出張火葬を利用しよう~

葬儀

家族の一員であるペットが亡くなってしま時、思い出がいっぱいの我が家で見送ってあげたいと考える方も多いでしょう。こちらでは自宅葬儀のできる出張火葬についてご紹介していきます。

ペット葬儀をする

大切なペットが亡くなってしまった時は誰でも動揺してしまうものです。しかし、少し気持ちが落ち着いてきたら、ペット葬儀のことも考えましょう。火葬や葬儀は、飼い主がペットにしてあげられる最後のお世話です。きちんと供養してあげるためにも、ペット葬儀社にお願いすると良いでしょう。火葬の方法には、自宅で行うタイプや火葬施設で行うタイプ、また自宅でペットを引き取ってもらって全てお任せするタイプなどがあります。業者によっては24時間対応していることもあるので、まずは連絡して相談すると良いでしょう。

ペット葬儀会社のサービス

移動式火葬
「移動火葬車」という、車内に火葬炉を設置した車に出張してもらって自宅で火葬を行う方法です。自宅の庭や駐車場などの敷地内だけでなく、いつもの散歩コースやお気に入りのスポットなどでも対応可能。多くの場合は一見して火葬車だとわからないような外観になっていることが多く、目立ちません。希望の日時を選択し、自宅で火葬から葬儀まで行なえます
一般火葬
ペット葬儀社提携の火葬施設で火葬を行う方法です。希望の日時を予約し、自分でペットを連れて行くか業者に引き取りに来てもらうかして火葬場まで移動します。また火葬自体についても、ペットを個別に火葬するか、複数の家庭のペットを合同で火葬するか、更に立ち合いがあるのかないのかなどいくつか種類があります。葬儀はそのままセレモニーホールで行ったり、遺骨だけ引き取って自宅で行ったりします。

自宅での供養なら移動式火葬

ペットにとって一番安心できるのは、やはり住み慣れた自宅でしょう。自宅で供養を行ってあげるなら、移動火葬車に来てもらうのがおすすめです。一体一体個別に火葬を行うので、最後まで見守ってあげられます。またお年寄りなど火葬場まで移動が難しい方でも自宅ならお見送りができるでしょう。更に親しい方を呼べる、料金が比較的安い、などのメリットもあります。

亡くなっても側にいる~自宅での納骨~

ペットの遺骨(全てあるいは一部)を火葬後に持ち帰る人は、全体の8割程度います。「自宅で供養してあげたい」と考える人が、それだけ多いと言えるでしょう。

自宅供養が選ばれる理由

犬

ペットだって大切な家族の一員。亡くなってからもずっと側に置きたいと考える方が増えています。近くにいてもらうことで飼い主としても心が穏やかでいられるため、自宅供養という形を取る方が多いでしょう。また、ペット霊園に納骨してもこの先お墓の管理が難しいという方や霊園が遠くてなかなか通えない方、いずれは自分と一緒のお墓に入ってもらいたいという方なども自宅供養を選んでいるようです。

自宅供養の形

火葬したペットの遺骨を手元に残す方法を教えて下さい。
自宅で供養する方法には、様々な種類があります。遺骨を手元に置いておく方法としては、骨壺に入れて祭壇に祀る方法や、ペンダントに入れたりアクセサリーに加工したりして身に付ける方法などがあります。近年ではペット用のメモリアルグッズも充実してきました。一見そのようなものに見えないようなデザイン性の高い骨壺やペット用仏壇などもあり、飼い主の生活に溶け込んでいます。

TOPボタン