ペットを自宅で供養したいなら「移動式火葬」がおすすめ

ペット葬儀で選ばれている移動式火葬の魅力

移動式火葬を執り行う流れ~スムーズに供養する~

女性

火葬を行う際に戸惑うことなくスムーズに供養できるよう、移動式火葬がどんな流れで行われるのか段取りを知っておきましょう。

移動式火葬の流れ

問い合わせ

まずはペット葬儀を行っている業者に連絡し、移動式火葬をしたいという希望を伝えましょう。移動火葬車には台数に限りがありますから、予約を取る必要があります。気持ちが落ち着いたらで大丈夫ですが、なるべく早めに問い合わせたほうが良いでしょう。そして打ち合わせを行い、火葬や葬儀を行う日時を決定します。早ければ当日・次の日の早朝などに来てもらえるでしょう。

自宅訪問

移動火葬車が、指定の日時に自宅もしくは指定の場所に来てくれます。それまでタオルや保冷剤を入れた段ボールなどにペットを入れて安置しておきましょう。基本的に午前8時~午後10時の対応となっている業者が多いですが、気象条件によっては日時の変更がある場合もあります。

火葬開始

自宅や近所の駐車場・空地などで火葬を行います。副葬品がある場合は一緒に入れてあげてください。火葬に立ち合うことも、すべてスタッフにお任せすることもできます。火葬にかかる時間は、ペットの大きさや体重にもよりますが40分~1時間半程度見ておきましょう。その間は自宅(室内)で待つこともできます。火葬中は車が密閉されているので煙や臭いも出ません。ご近所への配慮も最大限行ってもらえます。何か心配なことがあったら相談しましょう。

返骨

火葬が終わると、お骨上げを行うことができます。飼い主の手で遺骨を拾ってあげましょう。その後、業者が用意した骨壺に遺骨を入れて返骨してもらえます。これで一連の火葬の流れは終了。遺骨は納骨するか自宅で供養してあげましょう。

火葬前のセレモニー

ペット葬儀社によっては、火葬の前に葬儀を行ってもらえることもあります。自宅内に祭壇を設置し、読経や焼香、お別れの言葉などを執り行います。そして納棺・出棺を行ってから火葬へ。30分~1時間くらいですが、その間移動火葬車を自宅に停めておくことになるので頭に入れておきましょう。

TOPボタン